事務職勤務の38歳ともみ(仮名)との体験談

埼玉県に住んでいる29歳です。

 

埼玉県は蕨市に住んでいるその人は、事務職勤務の38歳ともみ(仮名)。

肌が白くて美人系薄顔の女性。

背は160cm前半位で黒のショート。

大人びたセレクトショップ系の服装をしており、やや華奢な体系が特徴的でした。

 

知り合ったのは出会い系。

出会い系でセフレ作りになれてしまった私は、そういう出会いの場としてはもってこいでした。

友達はセフレ掲示板を利用して女の子を捕まえまくっているようで、凄いなとつくづく思いました(笑)

 

 

そんな出会い系で出会ったのが、ともみです。

実はここのところセフレ作りに不発気味で、こうなったら年齢層を引き上げて狙ってみようと思ったのでした。

正直30代の前半ならまだしも中盤以降になるともはや人妻ゾーンのレベルになるので、ある意味禁断ではあるなぁ…と思いながらも、狙ってみました。

仮に独身女性だとしたら、下手に本気になられる前に逃げようという考えも持っていました。

30代の女性というだけで女性はモテなくなり、30代中盤でさらに、後半になるとよりモテなくなります。

40代となると余程の美人以外でしたら厳しいのが現実です。

そこを逆手に取って、モテないであろう確実性の高い女性を狙う事にしました。

その相手がともみでした。

写真を見る限り加工もされてなく素の自分で勝負していて、なかなか美人だった上に全身写真を見るとスタイルが良かったので、これならいけると判断(妥協)しました。

 

ともみのメッセージは真面目でとにかくマメです。

正直これと言った趣味や好きなものというのは無かったですが、ランニングとお菓子作りが好きとのことでした。

お菓子作りか…お菓子作りを趣味に入れている子は危険だということを知っていたので、大丈夫かなぁ…と思っていましたが、とりあえずヤレれば何でもオーケーなのでメッセージを続けました。

これと言ってメッセージに盛り上がりが無くても一生懸命話題を振ってくれるのが、恋愛弱者の良いところでもあり悪いところでもあります。

相手に気を遣い過ぎて、重い人扱いされかねないからです。

そういった点では、ともみは明らかに恋愛弱者。メッセージの一生懸命な気遣いや謙虚さから感じるものは、重い人や一緒にいて疲れそうだなと感じる人ではありました。

とりあえず飲みの誘いをしたら、相手から「是非とも宜しくお願いします」という丁寧なメッセージがすぐ来ました。

先ずは会ってみないと分からないので、会ってみることにしました。

 

 

初めて出会ったのが2月下旬です。

集合場所は、ともみが四ツ谷の方で働いている上に相手の年齢も考慮してそれなりのお店が揃っている飯田橋駅にしました。

待ち合わせ時間は19時。

デート場所はカウンター席がある和食と焼鳥が楽しめるお店です。

ここのカウンター席は狭いので、自然と相手との距離が近くなるのが特徴的でした。

 

19時前に彼女は到着しており、自分よりも早い到着でした。

実際に見ると、なかなかお綺麗な方ではありました。

写真より綺麗な感じで、全体的な見た目は悪くない。むしろ年齢の割には良いなというのが正直な感想です。

服装も清楚で黒で統一し、センスの光るコーディネートをしていました。

初めましての挨拶から、早速お店に向かいました。

 

 

お店に着き、早速乾杯。

丁寧な対応で感じも非常に良いのが特徴的でした。

また、年齢の割には謙虚でおしとやかなので、自己主張が激しかったりというのは感じなかったです。

ただし、必要以上にお酌したり食べ物を取り分けたりと、何だか必死さを感じました。

この辺りがマニュアル女性であり恋愛弱者なのかなとつくづく実感してしまいました。

会話の内容は、仕事、趣味、好きなもの、休日の過ごし方、等々、ありきたりな内容のものです。

 

お酒を飲んで2時間程経過して思ったのが、思いのほか受け身であるなというところでした。

というのは、注文するものや飲むお酒やお店選びも全てこちら次第といったところだったので、こういう女性もいるんだなというのがざっくりとした感想でした。

しかし、受け身であるのならもしかしてスキンシップも受け身であったりして。

そう思って早速スキンシップを軽く取ってみたのですが、これまた問題なしで照れているのが男心に火を付けました。

意外とこちらもいけるのかと納得し、相手の容姿を褒めながらスキンシップを行いました。

隣にお客さんがいようと彼女も平気なのが不思議でしたが、こちらとしては有難い事なので、段々と積極的になってきます。

次第に横からハグをするようにもなりましたが、照れながらも抵抗はせずに受け入れていました。

ホントに受け身なのか、私もまだまだモテるんだなと思っているのかどちらかは分かりませんが、落とすプロセスと考えたらどちらにせよ有難い話です。

 

会話もスキンシップも盛り上がっていると、いつの間にか時刻は12時を完全に回っていました。

どうやらこの場所で5時間近くも滞在していたのです。

正確に言うと、今回は終電を逃すようにしました。

終電を逃せば必然的に朝まで一緒にいられるのです。

朝まで一緒にいられればヤレる可能性はほぼ確実と言ってもいいでしょう。

ただ、相手は38歳の女性だったので、さすがに自分の終電は気付くだろうと思っていたのですが、どうしたことか時計を見るのを忘れていたようでした。

ホントに受け身なのか、この時間が楽しかったからなのか、おっちょこちょいなのかはともかくとして、そこまで押せ押せで攻める必要が無かったのがありがたかったです。

 

とりあえず店を出て、今後を考えます。

相手が「漫画喫茶にでも行きますか?」という台詞を言ってきたのですが、これは良いのか悪いのか判断に迷いました。

漫画喫茶でヤレるっちゃヤレるが…どうなんだろうかという不安がよぎったからです。

「さすがにちゃんとしたところで寝たいんで、ここからタクシー使っていいですか?」と、いう問いかけをしてみたら、どうやら悩んだご様子でした。

「別に何かする訳じゃないですし、いいじゃないですか。どのみち漫画喫茶でも同じ空間内なんですし」と伝えると、それを納得したご様子でした。

受け身女性はちょっと言葉を変えただけで「大丈夫であろう」と思いがちではあります。

しかし、この辺りは高いホテルしかない上にラブホも存在しない。

でも、後楽園の方に手頃なビジネスホテルがあったのでそこまで行こうと思いました。

早速タクシーを拾って文京区の後楽園にあるビジネスホテルまで走らせました。

 

 

ビジネスホテルにチェックインして、まったりとする二人。

キスもせず、そこまで性を意識させずにここまで来れたのは珍しいことです。

もしかして逆に食べられちゃう?なんて思ったりもしましたが、そんなことはまず無いでしょう。

部屋で二人きりの空間になってか、何となく下向き気味の彼女。

さり気なく近づくと顔を背けます。

そうは行ってもここはホテルです、何もしない方がおかしな話です。

早速攻めに回ります。むしろようやくと言った感じでしょうか(笑)

ハグをしてみても抵抗は無いのですが、長時間ハグをするのはどうやら抵抗があるみたいでした。

部屋に入って抵抗する理由があるなら、これは単純に部屋が明るいから。

暗くなると女性は恥ずかしさから解放されやすくなるので、早速電気を消しました。

 

電気を消してくっついたら、さり気なく「んっ」と声が聞こえたので、やっぱりなと納得の答えがでました。

そこからはキスをして絡め合いました。

お互いに濃厚なキスからスタートし、暗闇の中で盛り上がります。

反応も敏感なのがまた良いです。

服を脱がすとなかなか高そうな上下黒の下着を付けていたのが特徴的でした。

さすがの年齢だけあってか下着はしっかりしているんだなと思いました。

また、写真通りのスタイルの良さにさらに興奮しました。

肌の劣化は多少あるものの、それでも38歳とは思えぬ綺麗さではありました。

体を触り、舐め回し、反応が良いのがまたそそります。

そこからは挿入し、お互い抱きしめ合いながら腰を動かしました。

ビジネスホテルなので勿論ゴムは無く、生セックスを堪能しました。

 

 

そこからは週イチ以上のペースで会ってはセックスです。

ラブホデートがメインとなり、彼女は何も文句を言わないのでこちらとしては非常にありがたいセフレです。

しかし、結婚願望が思った以上にあったので、2ヶ月程で連絡を切りました

 

 

 

改めて、今回うまくいったのは、

「年齢層の高い女性を狙った」

「カウンター席で距離が近くにいきやすかった」

「終電を無くした」

でした。

 

年齢層が高い時点で高確率で出会えるので、後は程々に押せば何とかなってしまうのが特徴的です。

それだけ年齢層の高い女性はそういう場面において弱者であるのです。

妥協ができるのであれば、この辺りも視野に入れるのは良いかと思います。

また、終電を無くせばほぼ確実にセックスできます。

終電大丈夫?なんて優しい言葉をかけずに、相手が終電を忘れる程に楽しませるのもポイントです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です