【出会い系体験談】医療事務勤務の32歳あゆみ(仮名)

スレンダーな美女

埼玉県に住んでいる29歳です。

同県上尾市に住んでいるその子は、医療事務勤務の32歳あゆみ(仮名)。

肌が白くて綺麗系。
背は160cm位で黒に近い茶色のロングヘアー。

カジュアルながらもセレクトショップのファッションを着こなし、オシャレな感じの人でした。

知り合ったのは出会い系サイト。

出会い系でセフレ作りに慣れた僕は、セフレ掲示板も含め女性と出会いまくっています。

そんな中知り合ったのが「あゆみ」

肌がやけに白く見えたので、最初は加工しているのかと思ったのですが…
複数の写真を見る限り、ホントに色白で可愛い様子です。

メッセージ魔のあゆみ。レスが早いのは寂しがり屋の特徴なのか?

あゆみのメッセージは恐ろしく早い…

一日に何十通と往復していたので、結構疲れました。

これだけレスポンスが早いということは、少なくとも僕に興味はあるというのはわかっていました。

セフレを作る上で自分に興味を持つ女性は格好の獲物。
面倒でも狙わない理由はありません。

30オーバーということもあり、焦りや寂しさがあることも容易に想像できます。

つまりは落としやすい相手。

ヤレるのであれば、見た目は多少気にしても性格までは拘りません。
早速飲みに誘うと…。

「ホントに?嬉しい…」

こんなメッセージが返ってきました。
何故そう言うのか聞いてみたら、

「だってみんな途中までメッセージはしてくれるけど、途中で切られちゃうんだもん」

恐らく他の男たちは、メールの速さや圧が面倒くさくなったのでしょう…
その気持ちもわかります。

早速会う約束をしました。

夢見がちな30代、あゆみと日暮里と待ち合わせ。天気も悪く気が乗らないが…

初めて出会ったのが6月中旬。
集合場所は、東京の日暮里駅です。

待ち合わせ時間は20時。
デート場所はイタリアンバルです。

南浦和を提案したら、

「えーそこは何も無いからなぁ…」

と、面倒臭いことを言うので日暮里にしました。

駅の改札で待ち合わせ。
その日は雨が降っていました。

写真を見る限り見た目は悪くないのに、なぜだかその日は気分が乗りませんでした。こんなに憂鬱な気分の待ち合わせは初めてかも…

天気のせいなのか。
やり取りがめんどくさかったからなのか⁈

改札で待っていると「初めまして」と、向こうから声をかけてきました。

見た目は写真通りの綺麗系。身だしなみも整っていました。
非常に良かったです。

しかし、やはり32歳。落ち着いていて声のトーンが低めです。
こればかりは仕方ない。

早速お店に向かうことにしました。

密着も兼ねて「傘に入りますか」と聞いたのですが、あっさり断られてしまいました。

あゆみと食事デート。難しい30代に語らせるコツを伝授します

お店に着いて、まずは乾杯。

メッセージの印象よりも喋らずクールな感じでした。
なので、こちらから質問をする状態。

仕事、趣味、好きなもの、休日の過ごし方など、ありきたりな話題を振りました。

趣味はヨガで、好きな食べ物はスイーツだとか。

典型的な婚活女子。
現実を直視していないようなので、あえてそこを攻めます。

スイーツ

「将来はどういう生活を送りたいか」

この話題を振ると、先ほどまでとは一転して急に彼女の喋りが明るくなります。

この歳までに結婚して、この歳までに…という夢見がちな会話。

こういう話題だと盛り上がるので、夢物語を語り合うことに。

会話のネタに尽きたら、

  • 将来どういう形で結婚したいか
  • 将来どういう生活を送りたいか

このような会話をすると効率が良いです。

盛り上がってきたので、僕はアクションを起こすことにしました。

「え?じゃあ自分と付き合って結婚まで考えましょうよ」

と、軽いノリでチャラ発言。
勿論相手は驚いて、

「いやまだ出会ったばかりだし…」

真面目に返してくれました。将来の話をしたのが良かったようです。

もちろん結婚する気なんてさらさら無いですし、あくまでも落とすための突破口。
しかし、意識させることで先に進めます。

さり気なく隣に座り、「本気ですよ」と口説きます。
初対面で求婚しても真に受ける女性はまずいないでしょう。

真に受けなくてもいいんです。僕の事を意識してくれれば…

隣の席に座ったのも良い方向に導けた要因です。

「いいじゃないですか」
「ダメだよ…」

乙女になる姿に可愛らしさを感じます。

普段クールに装っていても、こういう状況になると年齢など関係ないですね。

さり気なくスキンシップを取ると、抵抗しつつも受け入れてくれます。

あゆみの態度が軟化したところを狙ってホテルに誘う

「じゃあ何であんなにマメにメッセージしてくれたんですか?まさか誰とでもしないですよね?」
「そうだけどさ…」

ここで一気にキスしました。

これが意外に大ウケ。
不意をつかれた相手はドキドキしたのか、戸惑いを隠せません。

こちらを見ないものの、体を密着させても抵抗しません。

小さな声で「ええ~」「ん~」と否定しながらも、心はOKしているように見えたので、ここで勝負に出ました。

「場所変えません?」
「うん」

場所を変える=ラブホというのは、さすがに相手もわかるでしょう。

時刻は21時半。

日暮里の隣駅は鶯谷。自然とラブホ街に向かいました。

最初は一緒の傘に入ることすら拒んでいたのに、今は一つの傘。

僕は心の中でガッツポーズです。めんどくさかったけどメッセージを送り続けて良かった。
自分を褒めました。

歩いて10分程でラブホ街に着きチェックイン。

部屋に着いたら、まずイチャつきます。
最初に会ったときのクールで低い声とは正反対の可愛い声が出てきました。

僕の興奮が高まります。
服を脱がせたら綺麗な白い肌。

年齢の割に肌が綺麗なので更に興奮。

体を密着して触り合い、もうお互いに止まりません。

挿入したら、更に声が高くて感激…
ギャップが可愛く、すぐにイッてしまいました。

その日は、2回戦3回戦と何度もセックスをしました。

セフレ化に成功したが、やはり面倒くさいのでこちらから関係を切ったあゆみ。今回成功したポイントを紹介

その後、月に2~3回程会ってはセックス三昧。

彼女の場合、「どこどこ行こう」という要望が無いので、非常に助かりました。

しかし、メッセージのやり取りが相変わらず早く、しかも催促してくるのでかなり面倒。
それに耐えられなくなり、結局は切りました。

改めて、今回うまくいった理由は、

  • メッセージが面倒臭くても諦めない
  • 30代女性という狙いやすさ
  • 将来の生活という夢物語を語らせた

この3点でした。

メッセージの往復が多いと、多くの男性は諦めがちです。
しかし、これを努力すれば案外に落としやすいものです。

なぜなら、面倒な女とレッテルを貼られて、相手にされていない確率が高いからです。

それを逆手に取って攻めるのが良いと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。