医療事務勤務の32歳あゆみ(仮名)との体験談

埼玉県に住んでいる29歳です。

 

埼玉県は上尾市に住んでいるその子は、医療事務勤務の32歳あゆみ(仮名)。

肌が白くてどちらかと言うと綺麗系の子。

背は160cm位で黒に近い茶色のロングヘアー。

カジュアルでセレクトショップのファッションを着こなし、オシャレな感じではある人でした。

 

知り合ったのは出会い系。

出会い系でセフレ作りになれてしまった私は、セフレ掲示板も含めて出会いまくっています。

 

そんな出会い系で出会ったのが、あゆみです。

肌がやけに白かったので加工で少し光を入れているのかなと思ったのですが、複数枚写真を見ると全身写真もあったのでそんなことはなく、ホントに肌が白いのだなとよく分かりました。

 

あゆみのメッセージは恐ろしく早く、一日に何十通と往復をしていたのでこちらがビックリしていました。

これだけレスポンスが早いということなので、少なくとも興味はあるのだなというのが伝わりました。

逆にこれだけメッセージが早いと若干だれてきていましたが、セフレを作る上で興味を持たれているのは格好の獲物ではあるので、そこを狙おうと思いました。

また、30オーバーの女性というのもあってか、色々と焦りや寂しさがあるのだろうというのは容易に想定できるので、より落としやすいと判断しました。

やれるのであれば、見た目には多少こだわっても細かい性格までは拘りません。早速飲みに誘いました。

そしたら「ホントに?嬉しい…」というメッセージが。

何故そんなメッセージを送るのかを聞いてみたら、「だってみんな途中までメッセージはしてくれるけど、途中で切られちゃうんだもん」とのこと。

恐らくやり取りしていた男性たちは、そのメールの速さや圧に面倒くさくなったのでしょう。仕方ないことです。

早速日時と場所を決め、会う約束をしました。

 

 

初めて出会ったのが6月中旬です。

集合場所は、埼玉県の南浦和駅…の予定でしたが東京の日暮里駅です。

待ち合わせ時間は20時。

デート場所はイタリアンバルです。

 

南浦和に指定したら、「えーそこは何も無いからなぁ…」という面倒臭い台詞を言ってきたので、場所を変更して日暮里にしました。

どうやら職場が上野勤務で、帰宅コースで京浜東北線を利用するとのことで、途中下車できてお店があるという理由です。

南浦和だって途中下車できる上にお店もあると思うんだけどなあ…なんて思いましたが、渋々そちらにしました。

 

駅の改札で待ち合わせ。

その日は天気が悪く、雨が降っていました。

写真を見る限り見た目は悪くないのに物凄く気分が乗らないのは久しぶり?初めて?の経験かと思います。

天気のせいなのか、やり取りがめんどくさかったからなのか、どちらにせよ何となく乗り気ではないです。

改札で待ち合わせしていたら「初めまして」と、向こうから声をかけてきました。

見た目は写真通りの綺麗系の人で身嗜みにも気を遣っているのがよく分かります。

そこには非常に良いなというのがありました。

しかし、やはり32歳というのもあってか、落ち着いている上に声のトーンもやや低め。

こればかりは仕方ありません。

早速お店に向かうことにしました。

一応密着も兼ねてか「傘に入りますか」という話題を振ってみましたが、あっさり断られてしまいました。

 

 

お店に着いて、乾杯をしました。

年齢のせいか落ち着いた喋り方で、どちらかと言うと喋らないクールな感じの方でした。

その為、こちらからある程度質問をするような形になってしまっていました。

会話の内容は、仕事、趣味、好きなもの、休日の過ごし方等とありきたりな話題でした。

マメにメッセージをしていた割に、趣味・好きなものがヨガとスイーツというのは知らなかったです。

ヨガとスイーツ、典型的な女子過ぎて何だか怪しい予感がしますが、こういう典型的な子ほど現実を直視していないので、あえてそこを攻めます。

「将来はどういう生活を送りたいか」という話をすると、先ほどまでクールてトーンの低い彼女の喋りが明るくなり、この歳までに結婚して、この歳までに…という夢見がちな会話になりました。

こういう方向になれば途端に盛り上がるので、夢物語を語り合います。

会話のネタに尽きた場合は、「将来どういう形で結婚したいか」とか「将来どういう生活を送りたいか」とか、非現実的な夢見がちな会話をするのが効率良いです。

 

さて、会話も盛り上がってきたので、アクションを起こします。

冗談交じりで「え?じゃあ自分と付き合って結婚まで考えましょうよ」と、軽いノリチャラい発言。

勿論相手は「え?」と驚いて、「いやまだ出会ったばかりだし…」という発言をしました。

意外と真面目に受け答えしてくれました。将来の話をしたのが良かったです。

もちろん結婚する気なんてさらさら無いですし、これはあくまで落とすための突破口みたいなもので、ちょっとでも意識させて先に進みます。

さり気なく隣に座り、「本気ですよ」なんて口説き落とします。

初対面時で求婚して真に受ける女性はまずいません。

真に受けなくてもいいんです、相手がこちらの事をさらに意識してくれれば。

また、さり気なく自然に隣の席に座れたのも良い方向に導けました。

 

隣に座って口説きます。

「いいじゃないですか」という台詞を言い、「ダメだよ…」というちょっと乙女になる姿に何となく可愛らしく感じます。

普段クールに装っておきながら、こういう状況になると女の子になるのは年齢関係ないものです。

さり気なくスキンシップを取り、軽く抵抗しつつも受け入れています。

ここで「じゃあ何であんなにマメにメッセージしてくれたんですか?まさか誰とでもしないですよね?」なんて台詞を言うと、「そうだけどさ…」という返事。

ここで一気に緩急をつけてキスします。

これが意外と大ウケ。不意をつかれた相手は余計にドキドキしたのか、戸惑いを隠せていません。

何も喋ってこっちを見てくれないものの、くっつくのは大丈夫なのでくっついていちゃつきます。

小さなかわいらしい声で「ええ~」「ん~」と否定的な言葉を使いながらも何だか許してくれているので、「場所変えません」と言いました。

その返事に相手は「うん」と返事を。

場所を変える=ラブホというのは大体想像が付くのはもう想定内です。

 

 

時刻は21時半。

日暮里の隣駅は鶯谷駅というラブホが大量に存在する場所なので、自然と歩きながらそこまで向かいました。

先程まで傘に入るのを拒んでいたものの、今度は一つの傘で一緒に入るという形になりました。

正直めんどくさいメッセージを送って良かった。気持ちが折れなくて良かったと自分に褒めてあげたい位です。

 

歩いて10分程でラブホ街に着き、早速ホテルチェックインです。

部屋に着いて少し落ち着いてから、イチャつきます。

最初に会ったときのクールで低い声とは正反対の可愛くて高い声が出てきました。

それを聞いて興奮度が高まります。

服を脱がせたら綺麗な白い肌にさらに興奮。

意外と年齢の割に肌が綺麗なのが驚きでした。

そこからさらに体を密着し合い、触り合い、お互いに興奮度が高まります。

そこで挿入したら、もう声が高くて大興奮。

ギャップのせいもあってか可愛くてすぐイッてしまいました。

2回戦3回戦と何度もセックスをしました。

 

その後は月に2~3回程会ってはセックス三昧です。

相手は「どこどこ行こう」とかという要望が無いので、そこのところは面倒臭くなくて非常に助かっています。

ただし、メッセージのやり取りは相変わらず早い上に催促してくるので、めんどくさいです。

その面倒に耐えられなくなり、途中で切りました。

 

 

改めて、今回うまくいったのは、

「メッセージが面倒臭くても諦めない」

「30代女性という狙いやすさ」

「将来の生活という夢物語を語らせた」

でした。

 

メッセージが面倒というだけで大体の男性は諦めがちですが、その面倒を対応すれば案外落としやすいものです。

何故なら、相手はそれだけにモテない人であることはよく分かる上に何だか重そうと感じてしまいがち。

それを逆手に取って攻めるのはよいかと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です