【出会い系体験談】事務職勤務の24歳さなえ(仮名)

ショートヘアの女性
埼玉県に住んでいる29歳です。

東京都の足立区に住んでいるその子は、事務職勤務の24歳さなえ(仮名)。

肌が白くてかわいらしい薄顔の子。
背は150cm中盤位で軽い茶色のショートヘア。

シンプルでスタンダードなファッションをしており、やや華奢な体系が特徴的でした。

さなえ(仮名)とのなれそめ

さなえと知り合ったのは出会い系サイトです。

出会い系でセフレ作りになれてしまった私は、普段から女性との出会いの場として活用していました。

友達はセフレ掲示板を利用して女の子を捕まえまくっているようです。
凄いなとつくづく思いました(笑)

そんな掲示板で出会ったのが、さなえです。

最近多いなと思うのが、加工アプリ。
加工アプリで盛っていない子を探す方が難しくなってきている昨今で、またかという感じでした。

それでも、写真を見る限り変な盛り方はしていない上にかわいいなと思ったので、いいでしょうと思い、連絡を取ることにしました。

最近はナチュラルに盛るのが流行っているとのことで、加工アプリは怖いですね…。

さなえのメッセージはやり取りしやすく、真面目に返信をしてくれる子でした。

よくわからないロックバンドが好きというのが噛み合いませんでしたが、知らないことがあれば積極的に聞いて、興味があるように見せるのが良いです。

自分の好きなものに関して興味を持ってくれるのは非常にありがたいこと。
それを積極的に聞こうとすると、相手は嬉しくなるのです。

少々面倒ですが、その面倒が今後に繋がっていきます。

さなえの趣味に合わせて会話をつないでいった結果、会えることに

Youtubeを見たものの、全く興味がわかないアーティストでした。
ですが、分からないながらも知りたいという姿勢が好印象で相手もご満悦。

この流れで早速飲みに行こうと誘いました。

彼女はこれをすんなりokしてくれ、早速日時と場所を決め、会う約束をしました。

初めて出会ったのが7月上旬です。
集合場所は、さなえが日本橋の方で働いているとのことで、帰宅のアクセスもしやすい上野駅にしました。

正確には上野辺りは鶯谷含めてラブホがたくさんあるので、チャンスを狙う為です。

待ち合わせ時間は19時。
デート場所はカウンター席があるカジュアルダイニングのお店です。

ここのカウンター席、従業員が前にいる席ではなく目の前がオブジェになっているので、ちょっとスキンシップ取るのに非常に便利です。

服装から察するに、オフィスカジュアルだと想定していたのですが…。

なにぶん、上野駅周辺を歩いている人はオフィスカジュアルな方たちが多いので、探すのにひと苦労しました。

「ちゃんと目印のある待ち合わせ場所を見つけておけば良かった…」

つくづく思いました。

Lineでやり取りしながら、どの辺りにいるのか、服装はどんなのかを聞き出します。
あの子かなぁ…というのを目星つけて会ってみました。

どうやら当たりです。

加工アプリで盛られてて期待していなかったのですが、なかなかかわいい子でスタイルが良い。

というか小さめなので華奢と言った方が良いでしょうか、細く感じました。

また、肌が白くてショートヘアーがまた可愛らしく、見た目の印象は良かったです。

初めましての挨拶から、早速お店に向かうことにしました。

さなえと上野のバーでデート。趣味の話で盛り上がった

お店に着き、早速乾杯。
丁寧で喋りやすく、感じも非常に良いのが特徴的でした。

会話の内容は、仕事、趣味、好きなもの、休日の過ごし方、等々、ありきたりな内容のものです。

もちろん大好きなロックバンドの話題にもなりましたが、今は程々に話をしました。

実は、タイミングを見計らってからまたそのロックバンドの話をしようと思っているのです。

というのは、お酒が入ってから好きなバンドの話をすればさらに盛り上がる上に、「何かオススメのPVとかある?」と言うと、相手は確実にスマホを出してYouTubeを見せてきます。

幸いカウンター席なので、スマホを見せてくるとなると自然と体が密着しやすくなるのです。

お酒がある程度入ってから1時間以上は過ぎた頃に早速伝えてみました。

「何かオススメのPVある?」

予想通り、それをすんなり見せてきました。

ロックバンドのライブ

「これいい曲じゃん!」
「ね!そうでしょ!!」

一緒に見て、盛り上がります。

一緒に見るので自然と体がくっつきます。
いい感じです。

「もっと他にオススメないの?」

こう聞けば、もちろんと言って他のPVも紹介してくれます。

正直このバンドには全く興味が無く、どのタイミングで攻めるかを考えていました。

お互い自然とくっついているので、タイミングを見計らってほっぺにキスをしました。

当然驚く彼女。

「え!?なんで!?」

その台詞は当然です。

「キスしたくなったから」

超が付くほどチャラい発言をし、イヤイヤーという反応を見せながら顔を背ける彼女。

不意を突いたのは効果があったようです。

ここからさらに畳み掛けます。

不意打ちのキスに戸惑うさなえ。その後たたみかけるようにスキンシップをはかりホテルへ

「キスしたくなかった?」
「いや、そういう訳じゃ…」

ありきたりな返答。
そこでさらにスキンシップを取ってみます。

スキンシップは問題なく取れるので、その後に顔を近づけてみます。

意外といけてしまうのがありがたい話。
相手は目を瞑っているので、さり気なくキスをしました。

あれ?こんな場所で大丈夫な子なの?とちょっとビックリしましたが…。

「いや、ここじゃダメ!」

彼女は言ってきました。当たり前の回答です。

「じゃあ、場所変えようか」

場所を変えてさり気なく上野の歓楽街(ラブホがある方)へ行きました。

もうこの流れになったら後は体をくっつき合います。

自然とくっつきながら歩き、向かう場所はホテルです。

彼女の表情は不安と緊張でいっぱいといったところでしょうか。
それでもここまで来たら強引に行きます。

何故ならやってしまえばこっちのものなのです。

早速ホテルを見つけ、1室だけ空いていたので間髪入れずに押します。

不安ばかりの表情ですが、ロビーでハグをすれば何となく彼女も安心するのでしょうか、不安は少し解消されたようです。

そこからキスをし、何故だかロビーでいちゃついていました。

ロビーじゃなくて部屋でいちゃつけよというツッコミが入りそうですが、念のために余計な考えを無くし、不安を取り除く為です。

その流れで部屋に行き、早速いちゃつきます。
さっきよりもキスの対応が良くなり、濃厚なキスに満足です。

服を脱がすとか細い体がまた可愛らしく、興奮度は高まります。
そこから体を触りますが、かなり良い反応でした。

その反応でより興奮度も高まります。
そこからはもう挿入し、華奢な体を抱きしめながら腰を動かしまくりました。

彼女も満足そうで、こちらも満足で、お互いWINWIN(笑)でした。

その後さなえとは定期的に会うセフレに。今回の勝因とは…

そこからは、月に2~3回ペースで会ってはセックス三昧のセフレ状態です。

時々「ライブに行こう!」と誘ってくるのですが、全く興味が無かったのでそこは完全にスルーでした。

改めて、今回うまくいったのは、

  • 自然と体を近づけるものがあった
  • カウンター席で距離が近くにいきやすかった
  • 不意を突いた

以上の3点でした。

相手がロックバンド好きというのもあってかYouTubeを理由に近づけたのは非常に良かったです。

不意を突いたのも効果が高く、さり気なくすっとキスをするというのは非常に効果的。
少なくとも相手を意識させられますよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です