【セックスに持ち込むために】デートでの心構えについて

デートの時に花を渡す男性

デートの時に「今日セックスしてやる」という気持ちが強すぎるときは要注意。
前のめりになりすぎて、空振りする可能性があります。

適度なリラックス感がないと、上手くいくものも上手くいきません。

「セフレを作る=セックスする」は正しいですが、「セフレを作る=今日セックスする」は絶対ではありません。

セフレ化する前の、デートでの心構えをお伝えします。

失敗しないデートのための4か条

出会い系で女性を探して、実際会うまでには時間も手間もかかります。

やっとデートにこぎつけたのですから、失敗は避けたいもの。
失敗しないデートの4か条をお伝えします。

  1. 緊張している場合はセフレ作りから離れる
  2. 1回目のデートで絶対にセフレを作ろうという考えを無くす
  3. 1回目のデートで連絡が取れなくても落ち込まない
  4. 見た目で一喜一憂しない

1. 緊張している場合はセフレ作りから離れる

緊張している場合、かなりの確率で空振りします。
一度立ち止まってセフレ作りから離れましょう。

緊張していると形式ばった言動を取ってしまいます。
自然体でいられなくなるんですね。

また、緊張が相手にも伝わり、幻滅されやすいです。
そんな時の対応策は…

今すぐセフレを作るぞ!という考えを捨て、デートを重ねたり場数を踏んでから出直す

というのが良いでしょう。

経験値が上がって自分に自信がつけば、緊張せずに自然体でいられ、セフレを作れる確率も高くなります。
逆に、女性に対して緊張してしまった場合、確率はグンと下がります。

プラトニックな期間を設けて長期的に攻めた方が、結果、成功率が上がります。

2. 1回目のデートで絶対にセフレを作ろうという考えを無くす

デートをして、その日に絶対に落とそうという考えは無くしてください。

「1回目で落とせるようになれたらいいな」位の考えでいましょう。

がっついた対応をすると、相手がパーソナルスペースを縮められたことに恐怖を感じます。

距離を縮めるのも順序があります。

デートに慣れれば成功率が上がるだけで、100%ではないことも覚えておいてください。

1回目でスムーズに行ったら大健闘。
2回目3回目を考慮した行動を取った方が相手の警戒心が薄れて、上手くいくこともあります。

アプローチが上手くいかなくても、会う回数を徐々に増やしましょう。
そして常に落とす言動だけは取っておくようにしましょう。

3. 1回目のデートで連絡が取れなくても落ち込まない

  • 1回目にデートしてセックスしたら、連絡がつかなくなった
  • セックスしなくても、連絡がつかなくなった

こういうことはよくあることなので、落ち込まないで次にいきましょう。

出会い系で落ち込んでいたらキリが無いです。
ただし、何が悪かったのかという反省はしましょう。

「あの時こうすればよかった」
「こういうアクションを起こせば良かった」
「自身が緊張していたせい」
「ガードが単純に固すぎたせい」

等々、次に活かせるようにしてください。

深く考えすぎるとまた緊張してしまうので、あくまで程々に。

4. 見た目で一喜一憂しない

実際に会ってみると、プロフィール写真とは違うことがよくあります。
特に、だいぶ盛られていた場合は落ち込みますが、一喜一憂しないことです。

「写真ではかわいかったのに、実際に会ったらガックシ」

そう思っているのなら、そこは諦めてセックスする方向でいきましょう。

がっくりする男性

気楽な分、好き放題できて却ってうまくいく可能性もあります。

「こんな奴とはデートすらしたくない」

と思うこともあるかもしれません。

それでも食事してお酒を飲んだら気持ちが変わることもあるのです。

せっかくメッセージのやり取りをしてここまで来たのだから、一通りデートしてみてから考えても遅くないです。

セックスしたらイメージがガラッと変わることもありますよ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。