【セックスに持ち込むために】デートの誘い方、お店の選び方は?

ランチデート

出会い系やセフレ掲示板とはいえ、ただメッセージやラインでやり取りしているだけでは、セフレ化することはできません。

男性たるもの、こちらから誘わない限りチャンスはなし。
女性から誘ってくるなんて、ゼロに近い可能性です。

デートに誘うにしても、

  • どういう条件の下で
  • どういうデート場所が良いのか

セッティングをするのも大切な作業。
デートに誘う手順を解説していきます。

出会い系女子をデートに誘い出すための手順

出会い系女子をデートに誘うとき、最も重要なのは下記の6つのポイント。

  1. 連絡先以降(ライン交換後)のタイミングで誘う
  2. お酒が飲めるのかは事前に聞いておく
  3. 相手の最寄り駅を聞いておく
  4. お店選びは敷居が高すぎない、オシャレ過ぎないところ
  5. 席は半個室かカウンター席かL字型が好ましい
  6. ラブホがある方面で店を選ぶと当日セックスできる確率が上がる

順を追って押さえていきましょう。

1. 連絡先以降(ライン交換後)のタイミングで誘う

デートの声かけは、ライン交換後1通2通目辺りで「飲みに行きませんか?」と誘うのが良いです。

連絡先を交換している時点で、相手も今後の発展を意識しています。

意識しているところに誘うことで、より成功率が高くなります。

ダラダラとやり取りを続けていくと、だれてくるので注意しましょう。
最初のタイミングを逃した場合は、やり取りの中で話が盛り上がったタイミングで誘ってみましょう。

2. お酒が飲めるのかは事前に聞いておく

お酒は理性や警戒心・緊張を解いてくれる重要な要素です。

お酒が絡んだ場所へ連れて行かないと、セフレを作るのは難しくなると思います。

なので、予め飲めるクチかどうか聞いておいた方が誘いやすいですね。
少しでも飲めるなら、それを口実に誘いましょう。

人によっては少しと言っておきながら、たくさん飲める子もいます。

逆もいますが、お酒が飲めるというのは大事な項目。
そこは重要視しましょう。

3. 相手の最寄り駅を聞いておく

住んでいる場所は、やり取りの初期段階で、ある程度は知っているはず。

ですが改めて、相手の最寄り駅を聞いておくのは効果的です。

最寄り駅を聞いておくと終電・終バスを調べることができ、終電を逃させることも可能。

当日に一気に体の関係に持っていく方法のひとつです。

終電を逃せば帰れなくなり、その日のうちにセックスが可能。

目安としてお互いの中間地点でも、やや自分の駅寄りを集合場所にしましょう。

そうすることでチャンスが高まります。

4. お店選びは敷居が高すぎない、オシャレ過ぎないところ

カッコつけて良い店を選ぶのはご法度です。

それなら、居酒屋チェーンに行った方がマシです。

相手のニーズがあればそれを優先すればいいのですが、特に無いようであれば居酒屋かダイニングバーで十分。

緊張せずにリラックスできます。

内装がオシャレ過ぎるのも、気合いが入り過ぎで警戒されます。

5. 席は半個室かカウンター席かL字型が好ましい

店選びも大事ですが、席選びも重要です。

個室を選びがちですが、初対面に個室は警戒される可能性大。

何かされるのではないかと勘繰られるので(実際はしたいですが)、あえて避けましょう。

対面式でもタイミングを見計らって隣に座るのであればいいのですが、自然にスキンシップを取りたいならカウンター席かL字型が良いでしょう。

バーのカウンター

半個室の居酒屋も、プライベート感がありつつ完全に区切られていないので安心感に繋がります。

席など関係なく落とせる自信があるのなら、特に指定はありません。

6. ラブホがある方面で店を選ぶと当日セックスできる確率が上がる

当日にやる気でいるのなら、ラブホの近くの居酒屋を探した方が良いでしょう。

飲んだ帰りや、終電を逃した時に連れ込むことができます。

ただし、初対面でラブホ街を通ると超警戒されます。
事前に避けられる道順を調べておいた方が良いでしょうね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。