デートでの心構えについて

デートの時に「今日セックスしてやる」といった気持ちが強すぎると、気持ちが前のめりになりすぎて空振りする可能性があります。

いくら出会い系やセフレ掲示板で出会ったとしても、心構えができていないとうまくいくものもうまくいかないことが多々あります。

「セフレを作る=セックスする」は正しいですが、「セフレを作る=今日セックスする」は絶対ではありません。

そんなセフレを作る前のデートでの心構えをお伝えします。

 

・緊張している場合はセフレ作りから離れる

・1回目のデートで絶対にセフレを作ろうという考えを無くす

・1回目のデートで連絡が取れなくても落ち込まない

・見た目で一喜一憂しない

 

緊張している場合はセフレ作りから離れる

実際に緊張している場合、かなりの確率で空振りすることが強いです。

もしそうであったら、一度立ち止まってセフレを作る方向をそらした方が良いです。

緊張している時は固くなり、どうしても形式ばった言動を取りやすくなり、自然体な会話を心掛けることができなくなります。

また、緊張は相手にも悟られるので幻滅されやすいです。

そんな状況になった場合は、今セフレを作ろうとせずに、その人と2回目3回目のデートをしてから、もしくは場数を踏んでから出直すというのが良いです。

経験値が高い場合や自分に自信があれば、緊張もせずに自然体でいられるのでセフレを作る確率は高いのですが、経験値が低い場合や女性の魅力が高すぎて緊張してしまった場合、確率はグンと下がります。

緊張した状態でセフレを作るより、プラトニックに長期的に攻めた方が、案外成功率は上がります。

 

1回目のデートで絶対にセフレを作ろうという考えを無くす

今デートして、絶対に落とそうという考えは無くして下さい。

「1回目で落とせるようになれたらいいな」位で対応して下さい。

「絶対に今日セックスする」といった、がっついた対応をすると相手のパーソナルスペースを縮めすぎて恐怖に感じることもあります。

パーソナルスペースを縮めるのにも個人差があり、人間なので絶対にうまくいくということは無いからです。

こうすれば確率的に高くなるだけで100%ではないということを心掛けて下さい。

その為、1回目でスムーズに行ったら大健闘で、2回目3回目を考慮した行動を取った方が相手の警戒心も薄れて、今日うまくいくこともあります。

2回目3回目でうまくいくこともあるので、アプローチしてうまくいかなくても2回目3回目と会う回数を増やしましょう。

 

ただし、今日落とせれば文句はありません。

落とす言動は取るようにして下さい。

1回目のデートで連絡が取れなくても落ち込まない

例えば1回目にデートしてセックスしたら、連絡がつかなくなった。

もしくは、セックスしなくても連絡がつかなくなった。

そういったことは多々あることなので、落ち込まないで次にいきましょう。

1人1人に出会って次に繋がらなくて落ち込んでいたらキリが無いです。

ただし、何が悪かったのかという反省点は多少考えておいた方が良いです。

「あの時こうすればよかった」「こういうアクションを起こせば良かった」「自身が緊張していたせい」「プラトニックでガードが単純に固すぎたせい」等々、次に活かせるようにはしましょう。

あんまり深く考えすぎると次に緊張して活かせなくなるので、あくまで程々にして下さい。

 

見た目で一喜一憂しない

プロフィール写真と実際に会うと結構な確率で違うことがあり、特に悪い方向で落ち込むことがありますが、一喜一憂しないことです。

「写真ではかわいかったのに、実際に会ったらガックシ」しているのなら、もうそこは諦めてセックスする方向でいきましょう。

もちろん一定の期待値があったのにルックスが違って出だしから下がると、幻滅するかとは思いますが、気楽な分だけかえってそっちの方がうまくいく可能性が高いです。

もちろん「それでは許せない、こんな奴とはデートしたくない」と思うこともあるかと思いますが、それでも食事してお酒を飲んでみたら変わることもあります。

せっかくメッセージのやり取りを駆使してここまで来たのだから、デートしてからでも一喜一憂するのは遅くないです。

まずは先入観だけで判断せず、デートしてみたらガラっと変わることはあります。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です